知多半島の羽豆岬から見える日の出は、私の心を癒してくれました。

知多半島の羽豆岬から見える日の出は、私の心を癒してくれました。

コロナウイルスが流行し、テレワークの毎日。あまり外出することもなく、心がすさんできた金曜日の夜。ふと、「日の出が見たいな」と突然頭に浮かんできた。おもむろにスマートフォンを取り出し、キーワード「日の出」と検索したところ、羽豆岬が検索にヒットする。よし、今日の朝観に行こう。ノリの良い友人と共に急遽「日の出」を観に行くことに。ひんやりと肌寒く、声一つない静寂の中、波打つ音は心地よかった。そして、日の出が見えた時の心温まる情景は日々の疲れを癒してくれた。

展望台は行けませんでしたが、それでも十分楽しめた。

そんなこんなで、羽豆岬(はずみさき)の日の出を観に行ってきました。10月でしたので、肌寒くはありましたが、日の出はとても綺麗でした。師崎にある羽豆岬は車でアクセスすることができます。師崎港のフェリー乗り場近くにある有料駐車場に車を停め、車椅子で日の出が見えるエリアに向かいました。多少の勾配はありましたが、フラットにはなっていますので、車椅子でもアクセスできました。実は羽豆岬には展望台があるので、本当はそこで日の出を迎えたかったのですが、山を登らないといけないのでそれは断念。それでも、十分楽しむことが出来、リフレッシュすることができました。

羽豆神社が有名なんです。

あまり詳しく知らなかったのですが、SKE48「羽豆岬」の歌碑が設置されていて、聖地巡礼で訪れる人も多いそうですね。またウバメガシという樹木の天然のトンネルは、「恋のロマンスロード」と呼ばれているそうで、羽豆神社では恋の成就を願い絵馬をかけるみたいですね。友人と日の出が見たかっただけなので、私は関係ありませんが(笑)

羽豆岬はアクセスしやすいです。

名古屋から高速で1時間ほどですので、アクセスするのにさほど遠さは感じませんでした。みなさんもぜひ日の出を観に、羽豆岬を訪れてみてはいかがでしょうか。

にしくんのイメージ画像

Nishi-kun

出生時に先天性の病、進行性筋萎縮症(筋ジストロフィー)ベッカー型と診断される。普段は電動アシスト車椅子を乗り回し、自動車も手動で運転できるよう改造しあちこちを旅する旅好き人間。

趣味
映画鑑賞 好きな映画は「リアルスティール」
好きなアーティスト 「King gnu」
好きなスポーツ 電動車椅子サッカープレーヤー(普通のサッカーも大好きです)